即日融資 激甘

ブラック対象者でも借りれる?

過去5年以内に自己破産などの債務整理をした方は、信用情報センターのブラックリストに掲載されています。そういったブラック対象者はどの金融会社でも審査の段階で落とされてしまいます。

借り入れ件数4件以上

 

ネットサイトで、「ブラックでも借りれる」「ブラックでも融資可能」といったキャッチコピーを貼り付けているHPがありますが、これは本当でしょうか? 殆どのサイトは虚偽の広告です。多重債務者やブラック対象者が目に付きやすいような広告を貼り付けて集客をしているのです。貸金業登録をしている正規の金融業者は、100%ブラックでは借りることは不可能です。ブラックや借り入れ件数が7件以上あるような多重債務者にお金を貸す行為は大きなリスクがあるからです。

 

即日融資とは、当日申込んで当日にお金が借りれる金融会社のことです。通常、直接窓口へ行って申し込みをすれば即日に融資が出来ましたが、ネットからの申し込みで即日融資が可能なキャッシング会社は限られていました。しかし、現在では大手や中小の消費者金融でも当日融資をしているところが増えてきました。通常、ネット審査は2時間程度で完了出来るので、即日現金を振り込むことは十分可能であったわけです。

 

但し、スピードキャッシングといっても通常の審査は実施されます。自宅への所在確認と勤務先への在籍確認は必須ですし、信用情報センターで過去の借り入れ履歴などが調査されます。もしも現在の借り入れ状況が年収の三分の一以上あれば、総量規制対象者として審査でカットされてしまいます。

 

大手消費者金融で借りるためには、勤続年数が3年以上で年収も320万円以上は必要です。ブラックリスト対象外で現在の借り入れ件数も3件以内であること。また、住居も持ち家であれば信用力も高くなって、借り入れ最大限度額も高くなるでしょう。大手銀行系で借りることのメリットは、金利が低いこと。そして、全国の金融機関ATMが利用出来るということでしょう。

 

激甘審査と甘い審査の理由

中小消費者金融は審査が甘い

大手以外の消費者金融を中小中堅金融会社と呼称されます。大手と中小の違いは、銀行系でないことと金利が少し中小のほうが高いことにあります。また、銀行系のATMが利用出来ないことも中小のデメリットです。

 

中小キャッシングローン会社の有利なところは、審査が大手よりはるかに甘いところにあります。甘いところでは、借り入れ件数が5件以上でも審査に通るところがありますし、信用力がアップすると大手より限度額が高く借りれる場合もあります。審査に落ちると信用情報センターのデータに残りますので、審査に自信のない方は中小中堅の消費者金融を選んだほうが良いでしょう。

 

一般的に激甘審査と評判の金融会社とは、借り入れ件数が7件以上の多重債務者でも借りれること、勤続年数が半年未満でも審査に通してもらえることです。そういった金融会社とは、貸金業登録をしていない闇金融などが含まれてきますが、そういった非合法な金融会社で借りれしまうと後々大変なことになりますので、ヤミ金融の類は排除することが大切です。

 

金融会社で一番人気のローン

確実に借りるためのテクニック

前述したように、金融会社で借り入れ審査に落とされてしまうとそのデータが信用情報センターに登録されてしまいます。そういったデータは審査で不利になってしまうことから、出来るだけ審査に落とされないようにしなければなりません。確実に審査に通る方法は、まず第一に自分の状況(収入、現在の借金、過去の借金)を正確に把握して、その状況に合致した審査基準のキャッシングローン会社を選ぶことです。

 

絶対審査に通るための方法

絶対お金を借りるためには、審査が甘い消費者金融を選ぶことです。自信があれば審査の厳しい大手や中小のキャッシング会社で借りれば良いですが、少しでも自信がなければ激甘審査の街キンやサラ金でネットキャッシングをするべきです。現在ではネットの普及で直接窓口に出向かなくても、ネットキャッシングですべて手続きができますので大変便利です。

 

金融と経済の関係

金融会社が長期的な生き残りをするためには先ず世間一般の景気が浮上する必要があります。企業が若者への人件費増額に前向きになることと、各企業が冷静に真剣に金儲けに取り組めば、景気は回復します。しかし年間四〇兆円程度の税収しかないのにもかかわらず八〇兆円以上を使っている日本経済に、どの程度の期待できるのでしょうか。

 

さらに若者への所得移転促進の直接の受益者は、国よりも企業です。政府は若い世代からだけではなく高齢者からも税を徴収できますし、高齢富裕層に国債を売ることで目先の資金繰りをつけることもできます。しかし民間企業の場合には、消費性向の高い年齢階層に所得が回らない限り、売上増加がなかなか見込めないでしょう。

 

キャッシングの申し込みは、来店客が無人契約機を利用しようとも直接窓口で申し込もうとも、あるいはネットで申し込もうとも、原理は同じです。身分証明に運転免許証、健康保険証など氏名と現住所、生年月日が証明出来るものを提出し、申込書には住所氏名、勤務先と現在の収入を記載しなければなりません。

 

勤務先へは申し込みを受けて直ぐに在籍確認をします。その次に、親や兄弟などの近親者の所在確認もあります。同時に、他社での債務の有無やブラックかどうか信用情報センターへアクセスして調査されます。氏名と生年月日を打ち込めば即座にデータが出てきます。したがって、どのような虚偽の申告をしていても、調査をされてバレてしまうということです。嘘がバレた時点で審査に落とされてしまいますので、出来るだけ虚偽のデータは記載しないことです。

 

毎月の支払いに困ったらr

不動産や車を購入した人の殆どは、一括払いは困難なことから金融会社の長期ローンを組んで月賦払いをしています。また、購入した不動産や車にはローンを組んだ金融会社に根抵当権を設定されています。しかし、サラリーマンならリストラや何らかの事情で退社して、毎月の支払いに窮している人が少なくありません。

 

毎月の返済のために、新たにキャッシング会社で借りていれば、元金が雪だるま式に増えていきます。最後は支払いができなくなって自己破産の憂き目にあってしまうでしょう。自転車操業に陥る前に、個人再生などを金融機関に提案して、確実に返済をしていきましょう。そして、多重債務の前に自己破産をして免責を受けて、借金をクリアすることです。間違っても街キンやヤミ金の類に手を出して傷口を広げないようにしましょう。

 



inserted by FC2 system